本文へスキップ
 薄層・軽量 屋上緑化/壁面緑化/バルコニー・ベランダガーデン/駐車場緑化/和モダン庭園/ナチュラルガーデン  ガーデン設計・施工

TEL 0561-72-7787
www/teruka7787.com

有限会社照花
〒470-0113 愛知県日進市栄2丁目604

B. 壁面緑化・バルコニー/ ベランダガーデン 
  施工例/メンテナンス 2016年〜最新
水道のないバルコニーなどで
お薦めの貯水式の緑化も紹介しています。
貯水構造は右図から→→ ●「MP緑化工法 V:貯水式緑化へ」


   壁面緑化見学H28-10更新
        ↓↓↓↓↓
 
         
2017年10月 マンションバルコニー「和モダンコンテナガーデン」植栽入替
愛知県名古屋市 MP貯水式コンテナガーデン 2015-06
 
2017年08月18日 花の壁面緑化「貯水式ロンパルテ花壇」
愛知県津島市 戸建住宅フェンス壁面緑化 MP貯水式花壇緑化5m 2011-05
 
2017年07月13日 壁面緑化「つる性植物の現在」
愛知県名古屋市 戸建て住宅南バルコニー壁面緑化 薄層・軽量MP貯水式花壇緑化 9u
2017-03施工時の様子

ミスト設置後の植栽の点検に伺いました。植栽は順調にフェンスに這ってきています。
灌水時間
2017年05月29日 壁面緑化上部「ミスト」設置
愛知県名古屋市 戸建て住宅南バルコニー壁面緑化 薄層・軽量MP貯水式花壇緑化 9u
2017-03施工時の様子

ミスト設置で、南面の植物に潤いをプラスしました
灌水時間
2017年05月19日 マンションバルコニー 芝箱庭のエアコン室外機カバー
愛知県日進市 マンション南バルコニー緑化 薄層・軽量MP芝緑化 TM0.3u
2017年てるかバルコニーメンテへ↓

エアコン室外機の上のデッドスペースで芝を育てます!貯水した水を小型ポンプで上部の樋に流し込みます。芝の下も3pの貯水有。
灌水時間
2017年5月1日 戸建て住宅2Fバルコニー 屋上緑化施工の様子 
愛知県豊橋市 駐車場上バルコニー緑化 薄層・軽量MP芝緑化 TM9 38u   
2016年12月施工の芝が、緑に色づき、公園の借景とつながる素敵なロケーションに。
灌水時間
2017年03月08日 戸建て住宅2Fバルコニー 登坂式壁面緑化施工 
愛知県名古屋市昭和区 玄関ポーチ上バルコニー緑化 薄層・軽量MP壁面緑化 長尺苗 9u
建物固定の植栽ボックスから
立体フェンスにつる植物を這わしていく壁面緑化です。貯水式軽量MP緑化です。
「植栽リストへ」
灌水時間へ
2016年12月21日 戸建て住宅2Fバルコニー 屋上緑化施工 
愛知県豊橋市 駐車場上バルコニー緑化 薄層・軽量MP芝緑化 TM9 38u
建築中住宅の駐車場屋根緑化です。
住宅は2017年1月
完成予定
灌水時間
     
2016年11月04日 マンションルーフバルコニー 屋上緑化施工中
愛知県日進市 マンションルーフバルコニー緑化 薄層・軽量MP芝緑化 TM9 40u
2016年てるかへ↓


仮置きしてあった薄層MP芝を
移動中。この大きさなら一人でも運べます。灌水時間
2016年8月  可動式フェンス緑化        <室内壁面緑化> 
愛知県日進市 マンション事務所 壁面4u フェイク植物  
裏棚の書類が取り出せるような可動式フェンス緑化です
2016年8月  観葉植物MP壁面緑化        <室内壁面緑化>
愛知県日進市 マンション事務所 ライムポトス・ガジュマル 
植物の入れ替えや水槍が楽な仕様に植物が育つマザーポットを使用した壁面緑化です。
2016年8月21日(日) グリーンカーテン     <バルコニー緑化>
愛知県日進市 マンションバルコニー9F 軽量MP壁面緑化  ゴーヤ1.5m   
5月に植え込んだゴーヤ6株
2016年8月21日(日) 置いただけ芝 目土・施肥 <バルコニー緑化>
愛知県日進市 マンションバルコニー9F 薄層・軽量MP芝緑化 TM9 2.5u
H28-05月に工事で余った芝を仮置きしました。
その後初めての施肥と目土
2016年3月28日(月) 防水工事でも大丈夫     <バルコニー緑化>
愛知県名古屋市中村区 戸建てバルコニー 芝TM9約18u
バルコニー防水のやり直しの為、芝を張りなおしです。
2014-08完成時の様子↓↓↓
2011〜2015年 壁面・バルコニー緑化へ 
    

てるかガーデンデザイン  
有限会社 照花
愛知県知事許可:
(般-25)第73020号  

〒470-0113
 愛知県日進市栄2丁目604
TEL 0561-72-7787
www.teruka7787.com
■<屋上/壁面緑化注意点>
屋上や壁面など建物への緑化は、通常の庭のような地面に植え込む緑化とは違い、屋上や壁面が耐えうる重量以内の緑化にしなければなりません。

建築構造を把握したうえで、屋上積載重量等や屋上防水層へ配慮が必要です。
また地面の緑化と建物の屋上に緑化をする場合では、 根の動きも変わってきますので、その点も要注意です。

潅水装置を付けることは贅沢や怠慢な事のように思われやすいですが、そうではなく、屋上緑化の植物がむやみに根を伸ばさないために必要なんです。定期的に一定量を潅水することにより、植物の根から、建物(屋上や壁面)を守ることにもつながるのです。

ただし、根を地中奥深く伸ばすことができない、屋上緑化の植物は、潅水装置の故障などによる、潅水不足により、 地植え植物よりも、早くダメージを受けることになるので、毎日の観察を怠足らないようにすることが重量です。